やらなきゃ損!夏前に即実践!『8時間ダイエット』

アメリカで話題のシンプルなダイエット法「8時間ダイエット」を今回はご紹介します。1日の食事を8時間以内におさめさえすれば何を食べてもOK!というダイエット法が魅力です。そんな「8時間ダイエット」の痩せ理論や実践方法、成功のコツなどを詳しく解説します。


夏前に是非トライしたい!「8時間ダイエット」

夏前に是非トライしたい!「8時間ダイエット」

アメリカで話題のシンプルなダイエット法『8時間ダイエット』をご存知ですか?

『8時間ダイエット』とは簡単にいうと「1日の食事を8時間以内に済ませれば何を食べてもOK!」というもの。

この方法で痩せられるのであれば、ストレスなくダイエットが実践できそう!? そこで今回は『8時間ダイエット』の痩せ理論と実践方法を詳しくご紹介していきたいと思います。


『8時間ダイエット』とは

冒頭でもお話したとおり『8時間ダイエット』とは、1日の食事を8時間以内におさめるだけ。それさえ守れば何を食べてもいい!というダイエット法になります。

例えば、朝の9時に朝食を食べた場合、夕食は17時までに終える(この時間が最も理想的)。

「17時に夕食はちょっと厳しい……」という場合は、11時に朝食を摂り、夕食は19時までに終える。20時以降の食事はダイエット効率を妨げるので、夕食を遅くするなら最低でも12時~20時の間で1日の食事を済ませることがルールとなります。

スポンサーリンク


『8時間ダイエット』の3つの痩せ理論とメリット

ストレスなく実践できるのが魅力

ストレスなく実践できるのが魅力

■その1 断食効果!
『8時間ダイエット』では、1日の食事を8時間以内で済ませるわけですから、残りの16時間は何も食べない状態となります。

1日中ダラダラと食べている時間が長いと、体内で食べたものを全て消化することが間に合わずに脂肪になりやすいとされています。

16時間何も食べないということは、その間は断食している時と同じような状態を体内で作れるので、夜のうちにその日食べた分をスムーズに消費できたり、胃腸がお休みできるので翌朝の排泄がスムーズになったりする効果が期待。つまり、脂肪として蓄えることなく痩せ体質に導くことができるというわけです。


■その2 ビーマルワンの働き
「夜の食事は太る!」というのは本当。それは体内で生活リズムの働きを整えているビーマルワン1というたんぱく質の一種がカギとなります。

ビーマルワンは、脂肪細胞内で脂肪酸やコレステロール合成の働きを活発化し、脂肪細胞に多く溜め込もうとする働きがあります。

そしてビーマルワンが体内に存在する量は時間帯によって異なっていて、昼は少なく、夜に増加する性質があります。その目処となるのが午後10時頃!

夜の10時頃になるとビーマルワンが急激に増加をし始め、午前2~4時頃に増加のピークを迎えます。つまり、深夜帯はビーマルワンの増加により脂肪を溜め込みやすい状態となるため、深夜の過剰な食事摂取は太る原因となるのです。

以上のことからも、遅くても夜の8時までに食事を終わらせなければならない『8時間ダイエット』が、無理なく痩せられるという理由が分かると思います。


■その3 夜更かしを回避!
遅くても夜の8時までに食事を済ませなければいけないので、自然と夜中に食事を摂る習慣がなくなっていくのもメリットです。

お腹がすいたら寝てしまうのがベストなので、自然と朝型の健康的なライフスタイルにシフトしやすくなります。

朝型のライフスタイルを実践することで交感神経が優位になり、代謝アップにも役立つので、健康的なダイエットライフが続けやすくなります。


『8時間ダイエット』の実践方法と成功のコツ!

1日8分の軽いエクササイズも取り入れよう!

1日8分の軽いエクササイズも取り入れよう!

■食事を2時間おきに、1日5食を実践が理想(3食+2間食)
ちょこちょこ食べることでドカ食いを防ぐと同時に、血糖値が安定することで太りにくくなります。

また、「何を食べてもOK!」ではありますが、毎食ジャンクフードや揚げ物ばかりでは健康面でもNGなのはもちろん、ダイエット効果も半減してしまうので、バランスのよい食生活を心がけましょう。さらに、加工食品を控えることも大切です。


■朝食の前に水・お茶・コーヒー・青汁などを飲む
朝起きたらすぐに朝食を食べるのではなく、まずは上記のような水分を摂りましょう。こうすることで、代謝アップや排泄をスムーズにすることに役立ちます。


■水をコマメに飲む
水分をコマメに飲むことは、代謝アップや空腹を紛らわすことにもつながります。また、利尿作用も活発になるので、むくみ改善にも効果的です。


■軽いエクササイズを習慣にする
特に朝食前&午前中に疲れない程度のエクササイズを行うことは、ダイエット効果を飛躍的にアップするといわれています。1日8分程度で良いので、つま先立ちや呼吸法など、“ながらエクササイズ”を心がけて、ダイエットに拍車をかけましょう。


食べない時間=16時間の空腹を乗り切るコツ!

8時間以外の空腹を乗り切るのがポイント!

8時間以外の空腹を乗り切るのがポイント!

普段の食生活と比べると、圧倒的に1日で食事を摂る時間が短いので、食べてはいけない時間=16時間をどう乗り切るか!?が『8時間ダイエット』のポイントとなります。

以下では、空腹によるストレスを紛らわす方法&食欲を抑える方法を挙げたので、是非参考にしてみてください。


■お風呂に入る
内臓に血液が集中していると胃の働きが活発になるため消化が進み、お腹が空きやすくなるので、食欲を抑えるためには体を温め、体表面に血液を循環させておくこと食欲がおさまります。


■読書、雑誌、編み物などをする
食べること以外で集中できることを行うと、お腹がすいていることを忘れられます。


■散歩する、ストレッチする
カラダを動かすと気分がよくなり食べたい欲求が減退します。


■氷を噛む
「ヒスタミン」という物質には食欲を抑える効果があり、「噛むという行為」が脳の中だけで「ヒスタミン」を増やしてくれるので、氷やガム(シュガーレス)を噛むのがオススメ。何も口に中に入れずに、ただ噛む行為をする“エア噛み”(!?)でもOKです。


■温かい飲み物を飲む
温かい飲み物は一気に飲めないので、ゆっくり飲んでいるうちに気分が落ち着き満足感がアップします。


■香り(アロマ)を活用
シダーウッドやサンダルウッドといった木の香りには空腹のイライラを抑える働きがあります。また、オレンジやグレープフルーツのような柑橘系の香りも食欲を抑える際に有効です。


■色を活用
食事中に目に入るものを寒色系に統一すると◎。
*テーブルクロスや調味料入れ、お皿など
青や紫に代表されるような寒色系の色は気分を落ち着かせ食欲を抑えることに役立ちます。

逆に、食べる意欲を高まらせる色は暖色系です。
(赤やオレンジ、そして黄色など)


■お酢を活用(特に食前がオススメ)
お酢を摂取すると脳は糖分不足をあまり感知しないため食欲が抑えられます。また、お酢には脂肪を分解するカリウムもたくさん含まれているので体重減少にも期待。


■大声を出す
呼吸がダイエットに効果的なのと同様、お腹周りの筋肉群にスイッチが入り、代謝を高めて痩せやすくする効果が期待できます。また大声をだすとストレス発散にもなるので、ダイエット時のストレス発散にも◎。カラオケや深呼吸を繰り返すだけでも良いでしょう。

また、大声を出すと脳内物質のアドレナリンが上昇し運動機能が高まり、脂肪燃焼効果にも期待できるといわれています。


■睡眠をたっぷりとる
睡眠不足は太りやすい体質を作ります。それにはレプチンとグレリンというホルモンが関係しています。

レプチンは脂肪細胞が分泌し食欲を抑えてくれるホルモン。一方、グレリンは胃で作られるホルモンで食欲を増進する働きがあります。

睡眠時間が短いと、満腹ホルモンのレプチンが減り、空腹ホルモンのグレリンが増えてしまうので、ダイエット期間中は特に睡眠をしっかり確保しましょう。


以上が『8時間ダイエット』の痩せ理論と実践方法になります。

食事を極端にセーブする必要もNG食材もなく、○○だけ食べ続ける必要もないので、ストレスなく実践できそうだと思いませんか?

食べることが大好きで、空腹によるストレスに弱い人。また、ある程度、食事時間を自分のペースでコントロールできるライフスタイルの人に向いている方法だと思います。

夏前に是非、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク


おすすめの購入サイト

ブログランキング参加中♪いつも応援ありがとうございます。
  にほんブログ村 ダイエットブログ 女のダイエットへ