Slow&Softな乾布摩擦でやせ体質に!(後編)

前回の記事『乾布摩擦でダイエット&美肌』では、科学的にも明らかになった乾布摩擦の効能を詳しくご紹介しましたが、今回は正しい乾布摩擦の実践方法をご紹介します。タオル一枚あれば、だれでも、どこでも出来る! そして、運動があまり得意ではない人でも手軽に取り入れることができる現代版!Slow&Softな乾布摩擦で、夏前のダイエットに役立てて下さい!


ダイエット&美肌を手に入れる乾布摩擦!

「1日3分 乾布摩擦でダイエット&美肌(前編)」では、乾布摩擦の効能の数々をご紹介してきましたが、後編ではその実践方法をご紹介したいと思います。

ダイエット&美肌効果を実感するためには、正しい方法で実践することが大事です。

そこでまずは、乾布摩擦の基本・行うタイミングや回数・そして、注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク


乾布摩擦の基本と注意点

■用意するもの
なるべく柔らかめのタオルで長さは1m前後のものを用意しましょう。

ナイロン素材やアカスリ製品は肌を傷めるので乾布摩擦では使わないようにしてください。


■ 服装
今回提案する乾布摩擦は、服を脱ぐ必要はありません。直接肌を強くこすると刺激が強すぎることもあるので、薄いTシャツの上からのほうがよいでしょう。

家やオフィスでは、服を着たまま背中や首をこすったり、手先だけをこするのも◎。また、服の上から行うときは、タオルの真ん中あたりを結んで「玉」をつくると刺激が強まるのでオススメです。


■ 場所
乾布摩擦は屋外で寒い場所で行う必要はありません。

室内の温かい場所で行い、少しずつ体を慣らしていきましょう。


■ 順番と方向
乾布摩擦は、まずは体幹、そのあとは、四肢を行います。

方向は心臓から末端に向かって行うほか、上下、円を描くなど、様々な方向から刺激を与えていきます。

強さは気持ちいいと感じる程度。ゴシゴシ力任せに行うのは控えましょう。また、ゆっくり呼吸を止めずに行うようにすると、より自律神経のバランスを整えるのに効果的です。


■ 乾布摩擦を行う前の注意点
以下にあてはまる場合、乾布摩擦はできませんので注意しましょう。

  • 肌トラブルのある人(アトピー性皮膚炎、やけど、しっしん、傷など)
  • 心臓に持病のある人
  • 高血圧の人
  • 体調の悪い人

また、お風呂やシャワーの後の皮膚が湿っているときは、刺激が強すぎるので避けましょう。


ダイエットに効果的!乾布摩擦の実践方法

今回ご紹介している乾布摩擦は、服を脱ぐ必要も、屋外で行う必要もありません。好きなときに室内の好きな場所で行ってください。

特にオススメなのは、朝、入浴前、寝る前。これらは、血流が良くなることで目覚めがすっきりする、温浴効果が高まる、寝つきがよくなるなどの効果が得られます。


Slow&Softな乾布摩擦の実践方法

ダイエット&美肌に効果的な主なこすり方を紹介します。
『本当はスゴイ!乾布摩擦トレーニング』 では、くまなく全身をこする方法を詳しく解説しています。

■ 胸
内側から外側へ

内側から外側へ

まずは心臓に近い胸からスタート。鎖骨に沿って、内側から外側へ向かって5回こすります。肩コリ・首コリの人は、この部分がこっていることが多いので、乾布摩擦で血流をよくして筋肉の緊張をほぐしましょう。

 

■ おなか
時計回りにゆっくりと

時計回りにゆっくりと

おなかの乾布摩擦は、腸のぜん動運動を活発にすることで便秘解消に役立ちます。時計回りに5回こすりましょう。

おなか全体があたたまることで、内臓の働きも活性化して代謝アップ→ダイエットにも役立ちます。

 

■ 背中
褐色脂肪細胞を意識して

褐色脂肪細胞を意識して

肩甲骨や首の辺りにある褐色脂肪細胞には、体温を上げて全身の代謝をよくする働きがあります。この褐色脂肪細胞を刺激することは、冷え改善やダイエット効果に期待がもてます。

背中にタオルをクロスさせ5回こすります。左右の手をもちかえて同様に。

 

■ 腕
血流をうながすように!

血流をうながすように!

二の腕の外側&内側を付け根から肘に向かって5回こすります。特に二の腕の後ろの筋肉(上腕三頭筋)は、日常生活では使う機会が少ないため衰えがちで、それが代謝低下、たるみ、むくみ、脂肪の蓄積などを招きます。

乾布摩擦で刺激をあたえ、積極的に血流をうながしましょう。

 

■ 手(指先)
タオルで効率よく血流をアップ

タオルで効率よく血流をアップ

指の側面をタオルで指先に向かって5回こすります。血流がよくなることで、冷えがちな指先をあたためることに役立ちます。

また、血色がよくなることで、キレイな指先をつくる効果も期待できます。

 

■ 太もも
太ももは冷えやすいパーツです!

太ももは冷えやすいパーツです!

セルライトが気になる太ももの裏は、タオルのを写真のように持ち、おしりの下からひざ裏にむかって5回こすります。

セルライトの原因は血流の悪化なので、乾布摩擦で血流をアップさせることでセルライトや脂肪の蓄積を防ぎます。

 

■ 足裏
両足で交互に踏んでもOK両足で交互に踏んでもOK
タオルの中央あたり玉の結び目をつくり、そこに体重をかけます。足裏の場所を少しずつずらしながら5回踏み刺激します。

足裏には内臓の反射区が集中しているので、刺激を与えることで内臓が活性化し、冷え、むくみ、疲れの改善などに効果を発揮します。

 
どんなダイエット法でも続けなければ意味がありません。

その点、乾布摩擦は全身をこすってもたったの3分しかかからず、しかもタオル1枚あれば手軽に、どこでも、どなたでもできるので無理なく続けることが可能です。

継続すれば、むくみ改善・冷え改善・代謝アップ・美肌といった効果を実感して頂けるはずですので、夏を前に!今から!乾布摩擦習慣を取り入れてみてください!

スポンサーリンク


おすすめの購入サイト

ブログランキング参加中♪いつも応援ありがとうございます。
  にほんブログ村 ダイエットブログ 女のダイエットへ