今年のダイエット振返り&2015年流行るダイエットは!?

2014年に話題になったダイエット法を分析し、来年のダイエットの流れを予測してみました! 今年は、「健康」に重きを置いたダイエット法に話題が集まった様子で、それは、食事・運動の両方で同じことがいえるようです。

今年のダイエット振返り&2015年流行るダイエットは

2014年のダイエットは「健康」がキーワード!

2014年のダイエットキーワードは!?

2014年のダイエットキーワードは!?

2014年も残すところ約1ヶ月! 

そこで今回は、2014年に話題となったダイエット方法を振り返り、今後の流れを予想していきたいと思います。

2014年に流行ったダイエット法の中から、キーワードをピックアップすると以下となります。

 
・「ふくらはぎ」
・「足指パッド」
・「ココナッツオイル」


ダイエットというと、「とにかく体重を落とすことが最優先!」という感じで、健康は二の次と考えがちでしたが、上記のキーワードを見ても分かるように、最近のダイエット法は「健康」に重きを置いたものが多いように思います。

これは、単に体重を落とした身体が美しいわけではなく、身体の内側から美しくあることが本当の美しさであり、そのためには心身ともに健康でなければ達成できないと気づき始めたからなのではないでしょうか。

そこで次からは、今年流行ったダイエット法をさらに深く解説していきたいと思います。
 

スポンサーリンク


「ふくらはぎ」をもんでダイエット&健康に!

ふくらはぎは第二の心臓

ふくらはぎは第二の心臓

『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』は現在までに95万部売れるなど、ふくらはぎをもむことでダイエット&健康に役立てる方法が話題となり、ほかにも『ふくらはぎをもむと超健康になる』といった書籍が数を伸ばしました。

 
血液が全身を円滑に循環できる体は健康なので、心臓から最も遠くに位置する筋肉器官=ふくらはぎをもみ、血液循環を促進させることで、健康そして代謝のよい痩せやすい体質をつくるというのが、「ふくらはぎもみ」の理論となります。

しかし、これらの理論や売り上げとは裏腹に、医学的には効果なしと様々な医療関係者からの声があがったのも事実。

ふくらはぎをもむことは、冷えやむくみ解消にも役立ちますし手軽な方法なので、あまり多くを期待せず地道に続けることは、健康的な方法だと思います。


つけて歩くだけの「足指パッド」が話題に!

足裏や足指を刺激!

足裏や足指を刺激!

「つけて歩くだけで健康的に痩せられる!」と口コミで広がり、足指にはめて使用する「足指パッド」がついたムック本『足指パッドつき つけるだけ歩くだけでやせる魔法のパッド』『足指パッドつき つけるだけ歩くだけでやせる魔法のパッドPRO』が23万部以上と反響を呼びました。

 
パッドをはめていると、骨盤が整うことで下半身からすっきりしてきて、O脚や腰の痛みも改善、姿勢もよくなるとのこと。これは、足裏のアーチの筋肉や関節を強化、足裏や足指の多数の反射区を刺激することで血液やリンパの流れがよくなるなど、ずっと足裏マッサージを受けている状態のようになり、手軽にながらダイエットが出来るのが効果の理由のようです。

汗をかく季節は蒸れやすいといったデメリットもありますが、パッドをただはめるだけでなく、パッドを使い始めたことをよいきっかけに、たくさん歩くようにすれば全身運動にもなり、どんどん血液やリンパの流れもよくなるので、より効果がアップすると思います。


品薄になるぐらいココナッツオイルが大人気!

以前、『ミランダカーも愛用!「ココナッツオイルダイエット」』という記事でも紹介したように、ダイエットに限らず、美容や健康のためにとココナッツオイル人気が爆発した年になりました。

活用の幅が広いのもメリット

活用の幅が広いのもメリット

『ココナッツオイルでボケずに健康』『ココナッツオイル健康法』『クロワッサン特別編集・ココナッツオイルバイブル』といった書籍なども人気の様子です。

ココナッツオイルの最大の特徴は、「中鎖脂肪酸」が多く含まれている点で、この「中鎖脂肪酸」は一般的な植物油に多く含まれる「長鎖脂肪酸」と比べ、消化吸収は約4倍、代謝は約10倍も早いため、中性脂肪になりにくく、効率よくエネルギー代謝が活発になり、体に付いている脂肪が燃えやすくなるといわれています。

バターの代わりに料理に使ったり、コーヒーや紅茶に混ぜるほか、肌や髪にも使えるなど、その幅広い活用法も人気の秘密となっています。


高齢化もダイエットの流れに影響!?

ダイエットと健康は同時に叶えるもの

ダイエットと健康は同時に叶えるもの

日本は今、高齢者人口が3296万人、総人口に占める割合は25.9%と共に過去最高、8人に1人が75歳以上という状況です。

このような高齢化社会のなか、最近では平均寿命よりも健康寿命(*「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」)のほうに関心が高まっていて、これも健康に重点を置いたダイエットが流行る傾向と関係があるように思います。

「ダイエット=体重を落とす」ではなく、「ダイエットをすることで自分に適した体重体型となり、結果、健康的で豊かな生活を送ること」が多くの人の重要なテーマになっているのではないでしょうか。


2015年ダイエットの予測

ダイエットと健康は共に果たされるべきだという考えが徐々に主流となってきたことが、2014年のダイエットの流行にも現れ、この流れは今後も続くものと思われます。

今後も、「普段何気なく行っているもの」「当たり前のように毎日行っている行為」(*歩く、呼吸、入浴、寝るなど)に少しのプラスαを加えることで、無理&ストレスなく楽しく続けられる健康的なダイエット&アイテムが新たに生まれるのでは?と予測しています。

また、無理&ストレスなく楽しく続けられるという点では、エンターテイメント性のあるダンス、様々な要素(国、スポーツ、踊りなど)をミックスしたエクササイズ、従来からあるエクササイズの切り口を変える(例:裸でヨガなど)も出現するのでは?と思っています。

おすすめの購入サイト

人気のダイエット用品をみる
≫楽天市場≪ 
≫Amazon≪ 
 

スポンサーリンク