夏前!超短期決戦ダイエット!

「痩せたいなぁ~」とただ思っているだけでは痩せません! この夏、オシャレを楽しむためにも、いよいよ本気でダイエットに取り組んでみましょう。そこで今回ご紹介するのはプチ断食を取り入れた「超短期決戦ダイエット」。今から始めれば、体重もサイズもダウンすること間違いなしです!

夏前!超短期決戦ダイエット!

気温がグングン上がり、夏の訪れが近くなってくると気になりだすのがボディライン。調度今ぐらいの時期は、焦ってダイエットをスタートさせる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、夏前に行うべき「超短期決戦ダイエット法」をご紹介!
この夏、オシャレを楽しむためにも今すぐ本気でダイエットに取り組みましょう。


週2日のプチ断食を実践

「超短期決戦ダイエット」としてご紹介するのは、断食をコンセプトとしたダイエット法になります。

ただ、断食とは名ばかりで、実は自然に低カロリーの食事が摂れるようになっているのがポイント。このダイエットを実践していくことで、体重を落とすだけでなく、様々な健康&美容へのメリットがもたらされます。
 

スポンサーリンク


「超短期決戦ダイエット」の実践方法

■週に2日プチ断食を行う
プチ断食を取り入れて内側からクリーンに!

プチ断食を取り入れて内側からクリーンに!

週に2日、プチ断食を行うわけですが、プチ断食は2日間続けて行う必要はありません。例えば、月曜日と金曜日など自分に合ったライフスタイルによって日程を調整してOKです。

よって、断食にありがちな猛烈な飢餓感やイライラ&フラフラ感を味わうことなく、比較的ラクに過ごせるので、無理なく続けられると同時に確実な効果が得られるのが魅力です。

プチ断食を行う日は、1日500カロリーを目安に摂取。500カロリー内で、たんぱく質と野菜&果物を摂取します。

朝食で200~250カロリーを摂取し、昼食を抜いて、夕食で残りのカロリーを摂取し、お腹が空いたらゼロカロリーのお茶、水、ハーブティー、コーヒーを飲むと良いでしょう。特にエクササイズをする必要はありません。

<食事例>
朝食:果物&ヨーグルトなど
夕食:お刺身/サラダ(卵やアボカドを乗せてもOK)/納豆や豆腐を使った料理など

以上の食事例を見て侘しい気分になったり、「1日500カロリーだけ!?」と思うかもしれませんが、今回の「超短期決戦ダイエット」では、プチ断食を2日間続ける必要はないので、これが終われば翌日は焼肉でもパスタでも食べたい物が食べられるので、挫折することなく続けることができるのではないでしょうか。

■残りの5日間は何を食べてもOK 
プチ断食を行う2日間以外の5日間には、ケーキや揚げ物などを食べてもOKです。

ただ、週2日のプチ断食で胃が小さくなっていくので、徐々に食欲がコントロールされ、これまで食べていた量よりも少ない量でお腹がいっぱいになっていくのがメリット。結果、1日に食べる総カロリー量も減っていきダイエットが成功しやすくなります。

もちろん、残りの5日間でヘルシーな食事バランスを考えた食生活&エクササイズを実践することで、体重の減り方のスピードはアップします。

<オススメ食事例>
・ 和食中心
・ 精製された小麦粉&砂糖を控える
・ 生野菜&果物を摂取(特に朝食)


「超短期決戦ダイエット」の注意点

プチ断食の2日間のカロリーに注意!

プチ断食の2日間のカロリーに注意!

「超短期決戦ダイエット」のポイントは、プチ断食を行う2日間と、普通に食事をする5日間の落差が大きいこと!これによって、カラダの消化、吸収、排泄といった反応を痩せやすい体質に変えていくことができます。

よって、プチ断食の日にカロリーを見誤る&勘違いすることによって、食べ過ぎてしまうことに注意しましょう。 

ダイエット経験があまりない人、食材のカロリーやカロリー計算が得意でない人は、プチ断食の2日間は、卵、ヨーグルト、納豆、豆腐など、カロリーが分かりやすい物でメニューを組み立てることをオススメします。

今回ご紹介した「超短期決戦ダイエット」を1ヶ月も続ければ、体重減やサイズダウンが期待できると思います!

おすすめの購入サイト

人気のダイエット用品をみる
≫楽天市場≪ ≫Amazon≪ 
 

スポンサーリンク

 
公開日:2013年05月13日
更新日:2016年05月13日