「計るだけダイエット」で痩せる理由とは!?

NHKの「ためしてガッテン」で放送され、話題となった『計るだけダイエット』。朝と晩の2回体重計に乗るだけなのに痩せていくのはどうしてでしょうか!? 今回はその理由をひも解きながら、成功法則を解説していきたいと思います。

計るだけダイエット

計るだけで痩せる理由!

太る原因を知ることが大事!

太る原因を知ることが大事!

『計るだけダイエット』とは、「自己評価管理法」という生活習慣病の治療法が元になっていて、肥満を伴う糖尿病や高血圧の患者さんに対して、内臓脂肪を減らすために考案されたそうです。

「自己評価管理法」で患者さんはやることは、毎日自分の体重を計り、増減の変化をグラフにつけること。この作業を繰り返すうちに、何が原因で太ったのかに気付き、自然と肥満の原因となる食生活や生活習慣を見直し改善できるようになるのだとか。

太る&肥満になるには必ず原因があるものです。自分の太った原因を見つけ、原因となった行動を排除&対処していくことが、ダイエット成功の近道というわけですね!

次は、『計るだけダイエット』の方法とコツについてお話します。
 

スポンサーリンク


『計るだけダイエット』の方法とコツ

文字通り、朝晩体重計に乗ってグラブに体重を記録する(3ヶ月が理想)のが『計るだけダイエット』の方法です。よりダイエットを成功させるためのコツをご紹介します。

■決まった時間に体重を計る
朝起きたら、まずはトイレへ。朝はトイレ(排尿、場合によっては排便)の後で体重を計ります。

夜は夕食後に体重を計ります。朝に比べて夜は体重が増えているのが普通ですが、500g以内におさまっていればOK。ここで1kg以上増えていたら、昼食や夕食の摂取カロリーが多かったか、日中の活動エネルギーが足りなかったと気付くことができます。

■50g単位で計測できる体重計を使う
1日50g、1ヶ月1.5kg程度の体重減が目標です。グラフが右肩下がりに推移していけば、『計るだけダイエット』は成功といえます。

■適度な運動もプラス
その日に実践した運動内容と時間も記録するといいでしょう。運動量の多い日は体重の減り具合も多いこと、体調も良いこと等に気付くはずです。

■女性ホルモンの周期を活用
主な女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の働きを知ることも大切。プロゲステロンが増える時期(生理前の約10日間)は、体重が増える傾向にあるので、体重は現状維持でOKとします(ただし食べ過ぎは注意!)。

逆に、エストロゲンが増える時期(生理後の約10日間)は、体重が減りやすい時期なので、有酸素運動や食事制限を意識して効果的にダイエット。


次は、『計るだけダイエット』で得られる効果についてお話します。


『計るだけダイエット』で得られる効果

「計るだけダイエット」はゲーム感覚で楽しむが◎

「計るだけダイエット」はゲーム感覚で楽しむが◎

朝晩、決まった時間に体重を計ると、まずは朝と晩での体重の違いに驚くでしょう。また、日によってはグンと体重が増えてしまう場合もありますが、この時は友人と会って食べ過ぎた&飲みすぎた等といった理由を考えることが大事。体重が増えた原因がはっきり分かれば、ストレスを感じることもなダイエットをく継続することができるものです。

さらには、グラフが右肩下がりに推移する快感を覚えれば、次回からは飲食を少し控えるといったダイエットにとって良いサイクルが生まれていきます。

体重の変化を目で見て楽しんだり、励みにできるようになったら、自分なりに運動を加えたり、夕食を少なめにするといった工夫を取り入れてみましょう。体重がより順調に減っていくことが快感になること間違いなし。

『計るだけダイエット』を実践すると、「夕食を食べ過ぎていた」「夕食時間が遅い」といった原因に気付くことが多いようですが、太る原因はひとそれぞれ違うもの。原因が分かったら体重が減っていく様子をゲーム感覚で楽しみ、工夫しながら実践すれば効果はさらにアップするでしょう。

おすすめの購入サイト

人気のダイエット用品をみる
≫楽天市場≪ ≫Amazon≪ 
 

スポンサーリンク