「産後ダイエット」の種類をご紹介

赤ちゃんがおやすみの時や、機嫌のよい時に無理なく進めていきましょう!

赤ちゃんがおやすみの時や、機嫌のよい時に無理なく進めていきましょう!

産後のココロとカラダを整える「産後ダイエット」。ここでは様々ある「産後ダイエット」の種類をいくつかご紹介していきます。

医師と相談しながら、無理なく自分に合ったものを行ってみましょう。

 

『産後プレリカバリー期』にオススメ産後ダイエット

『産後プレリカバリー期』(出産当日~産後1ヶ月)にオススメの産後ダイエットの種類のご紹介します。

↓詳しい方法は
「産後プレ・リカバリー ファーストステップ」
「産後プレ・リカバリー セカンドステップ」をチェック


■「コアアクティべーション」でカラダの中から起動させよう!

誰でもここからスタート。産後すぐに始められ、布団やベッドの上で寝たまま出来る呼吸法です。昔からある産褥体操をもっと意識的に、カラダの中から起動させるように行います。

■「ペルビックチルト・ブリージング」で腰をほぐし骨盤周りを動かそう!

深く呼吸を意識しながら、骨盤を傾ける動きです。固くなっていた腰の筋肉をほぐすように骨盤を傾け、動かしていきましょう。

■「ヒールスライド&アームワーク」関節の動きをスムーズにしよう!

股関節、膝関節、足首の関節をコントロールして動かし、かかとを滑らせるように動いていきます。脚を心地よく伸ばしながら、肩関節もゆっくり動かしてみましょう。関節をほぐし、センターバランスも整えていきましょう。

■「トゥリフト」で体幹を安定させ、インナーマッスルを意識しよう!

弱っている腹筋を、足を小さくコントロールして上げることで意識していきます。足を上げることで姿勢が崩れる時は、かかとを上げてキープするだけでも構いません。

■「オブリ―クストレッチ」で腰をほぐしウエストを目覚めさせよう!
妊娠中なくなっていたウエストを少しずつ目覚めさせる準備をしましょう。外腹斜筋、内腹斜筋(斜めにはしる腹部の筋肉)も使っていきます。腹直筋(お腹の外側の筋肉)が離開して運動を止められている場合は、開始時期を医師と相談の上取り入れていきましょう。

■「トゥ・ヒールディップ」で体幹を使い下腹を少しずつ引き締めて!

上げた脚を下ろしていく時、体幹の力が抜けると腰が反ってしまったり、肩が力み、首が短くなる状態になってしまいます。胸を開くように肩を安定させ、お腹を薄くするつもりで、おへそを中にしまって動いてみましょう。

次は『産後リカバリー期』『産後ボディメイク期』におすすめの、産後ダイエットの種類をみていきましょう。

スポンサーリンク


『産後リカバリー期』『産後ボディメイク期』におススメ産後ダイエット

さまざまなエクササイズの中から自分に合ったものを選び、進めていきましょう。

さまざまなエクササイズの中から自分に合ったものを選び、進めていきましょう。

『産後リカバリー期』(産後1ヶ月~6ヶ月)、『産後ボディメイク期』(産後6ヶ月~1年以上)にオススメの産後ダイエットの種類をご紹介します。

■「産後ヨガ」で体調を整えよう!
出産後の体調を整え、ポーズにより体を引き締め、肩や腰をゆっくりほぐしていきます。気持ちを整える効果も。ベビーと一緒に動くクラスもあります。

■「産後リカバリーピラティス」で姿勢を正し骨盤底の筋肉を戻そう!

妊娠・出産で弱くなったインナーマッスル(特に骨盤底筋群や腹筋群)を意識し、抱っこや授乳で偏りがちな姿勢を改善。腰痛や肩こりの予防・改善にもなります。ベビーと一緒に動くクラスもあります。

■「骨盤調整系」で骨盤周りを整えよう!
産後開いた骨盤を締めることを中心に、バランスを整えていくもの。骨盤内の血液循環もよくなります。ゴムバンドを使うものも人気。

■「産後バランスボールエクササイズ」でバランス感覚もとり戻そう!
大きなボールを使い、バランスをとりながら深層筋にアプローチ。有酸素運動をボールの上で行うことも出来ます。

■「産後ミニボールエクササイズ」で内ももを意識してみよう!
小さなボールを使い、手に持ったり、座ったり、脚に挟んだりと様々な使い方で弱くなっている筋肉を使い、身体のバランス力も穏やかに上げていきます。

■「オートジェニックトレーニング」でリラックスしながらココロを整えよう!
ドイツの精神科医シュルツによって創始された自己催眠法。リラクセーションに効果的です。赤ちゃんが寝ている時など、集中出来る環境を作ってから行いましょう。

■「有酸素運動」で脂肪を燃やそう!

エアロビクスエクササイズの他、ウォーキング、ジョギング、スイミング等様々なものがあります。少し前にはトレ―シメソッドが話題になったり、モムチャンダイエットの本が人気になったり、、ジョギング専用のベビーカーで赤ちゃんと一緒に走っている姿、日本でも最近見られるようになってきました。

■「産後リフレクソロジー」で足つぼ刺激のいた気持ち良さを感じよう!

足裏などにある身体全体の臓器や器官の「反射ゾーン」を指でくまなく刺激することにより、血液やリンパの流れをスムーズにする足裏健康法です。妊娠中お腹が大きくなっていた事で、自分で足裏をしっかり触れなかった方も、産後は自分でマッサージすることも出来ます。

■「その他ボディワーク系」で癒しとほぐしを得よう!

ボディワークとはエクササイズや手技を行う中で意識に働きかける方法です。
ロルフィング、ジャイロキネシス、ヤムナボディローリング、フェルデンクライス、アレクサンダーテク二―クなど様々なものがあります。

■「ダンス系エクササイズ」で楽しんでエクササイズ!

ベリーダンス、コアリズム、ズンバ、フラダンス、ジャズダンス、ダンスウィズミ―など様々なダンスを取り入れ楽しくダンスすることで、有酸素運動の効果もあるエクササイズがあります。


妊娠前までの運動歴や産後のカラダの回復度、好き嫌いによってもおススメの方法、種類は変わってきます。医師と相談しながら体調を考えて行うようにしましょう。

スポンサーリンク


おすすめの購入サイト

ブログランキング参加中♪いつも応援ありがとうございます。
  にほんブログ村 ダイエットブログ 女のダイエットへ