“加圧トレーニング”の器具・ウエアについて

そもそも、加圧トレーニングを行うための器具は加圧インストラクターのみが扱える器具と、自宅で扱うことのできる器具があります。ジムや施設で、あるいは自宅で、実際に加圧トレーニングをするための器具、ウエアをご紹介します。
“加圧トレーニング”の器具・ウエアについて

加圧トレーニングの器具・ウエアの種類

加圧トレーニングの最大の特徴は腕の付け根と脚の付け根に専用のベルトを巻いて加圧した状態でトレーニングをする、ということです。加圧トレーニングを経験したことのない人は、血圧を測るとき手首をぎゅっと圧迫されるようなあの感覚が腕の付け根と脚の付け根にあると想像してください。

加圧トレーニングのスタジオでトレーニングを行う際も、自身で行う際も、使用する器具・ウエアのタイプは異なりますが専用のベルトを巻いてトレーニングをする点は一緒です。

今回は、実際に加圧トレーニングをするための器具、ウエアの説明をします。

そもそも、加圧トレーニングを行うための器具は加圧インストラクターのみが扱える器具と、自宅で扱うことのできる器具があります。
 

スポンサーリンク


加圧インストラクターだけが扱える器具

まずは、加圧トレーニングのインストラクター資格者のみが扱える器具のご紹介です。
写真は加圧マスターという器具。(新旧でベルトなど多少の違いがあります)この機械でインストラクターは1人1人に合わせて適正な圧を計りながら空圧で適正圧を設定し、その人に合ったトレーニングを指導します。

この加圧マスターはインストラクターの資格保持者でなければ扱えません。加圧トレーニングのスタジオではこの器具を使用しているところが多いかと思います。

加圧インストラクターのみが扱える加圧マスター

加圧インストラクターのみが扱える加圧マスター


 
 


写真右手の四角い機械の部分が本体です。写真左手の奥が脚用のベルト、手前が腕用のベルトです。足または腕にベルトを巻き、本体の半透明のチューブをベルトに繋ぎ、圧を計り、適正圧を加圧します。

  • 本体 ¥1,596,000(税込) 
  • 腕用ベルト(左右セット) ¥94,500(税込) 
  • 脚用ベルト(左右セット) ¥115,500(税込) 
  • セット合計:¥1,806,000(税込) 


次は、自宅で扱える加圧器具についてご紹介します。


自宅での加圧トレーニングに使用できる器具

自宅で加圧トレーニングをする場合、加圧トレーニング器具「加圧マスターミニ」、「筋力アップクン」、または加圧トレーニング専用ウェア「カーツ」があります。

 

空圧式で最も本格的に加圧トレーニングの出来る加圧マスターミニ

空圧式の加圧トレーニングの出来る加圧マスターミニ

 

 





 


持ち運びに便利な筋力アップクン

持ち運びに便利な筋力アップクン

 

■加圧マスターミニ

加圧マスターミニ(写真)は加圧マスター同様、空気の圧力で圧を加えていきます。

  • 本体(カバーケース、キャリーバック付き) ¥624,750(税込) 
  • 腕用ベルト(左右セット) ¥94,500(税込) 
  • 脚用ベルト(左右セット) ¥115,500(税込) 
  • セット合計:¥834,750(税込) 
(購入セミナー料金を含む)



■筋力アップクン

筋力アップクン(写真)はコンパクトでご自宅や旅行先でも手軽に加圧のできる器具です。こちらは空気の圧ではなく設定した圧がかかるタイプになります。

スタンダードモデル

  • 腕用ベルト(左右セット) ¥46,725(税込) 
  • 脚用ベルト(左右セット) ¥51,975(税込) 
(購入セミナー料金を含む)


アスリートモデル

  • 腕用ベルト(左右セット) ¥57,225(税込) 
  • 脚用ベルト(左右セット) ¥72,975(税込)
 (購入セミナー料金を含む)


筋力アップクンは各個人の現在のレベル・サイズに合わせて適正圧を設定します。他の方に貸与することは出来ません。本人のみの使用となります。


設定した圧は固定の圧になりますので定期的に購入したトレーナー及び施設に持って行き適正圧を設定し直す必要があります。

加圧マスターミニ・筋力アップクン共に購入の際は安全、かつ効果的に使用するために加圧トレーニング資格者によるセミナーを必ず受講します。(セミナーの料金は購入代金に含まれてます)

購入セミナーは、有資格者がいる各支部・施設で実施しています。加圧トレーニング本部のホームページで検索が出来ます。

加圧トレーニングのオフィシャルサイト


■加圧トレーニング専用ウエアカーツ

もう少し気軽に始めたい、という方にはカーツ(写真)というウエアータイプのものがあります。ウエアーに専用ベルトが装着できるようになっており、安全に適正な位置にベルトが巻けるようになっています。
 

 
入門編のカーツ

入門編のカーツ

 


カーツは加圧トレーニング本部である株式会社サトウスポーツプラザと株式会社ゼノアの共同開発による加圧ウエアです。ウエアは上下、ベルトは腕用、脚用、が別になっています。

ウエア上下、ベルト合わせて3万5000円前後で購入出来ます。(デザインによって異なります)デザインはシンプルなものからスカートの付いた物など好みで選べます。

こちらもKSアドバイザーという正規のアドバイザーのいるお店で適正な加圧値や巻き方、トレーニング方法のアドバイスを受けて購入します。スポーツ専門店や有名百貨店で取り扱っています。

販売店は株式会社ゼノアのカーツのホームページで検索できます。
カーツホームページ


加圧トレーニング専用ウェア<カーツ>に関するお問合せ
株式会社ゼノア <カーツ>お客様相談窓口
0120-807-064
平日/月~金 10:00~12:00、13:00~17:00

またこちらの販売元の株式会社ゼノアではカーツ購入者に対してカウンセリング・コーチングのスタジオもあります。(東京・札幌2009年現在)またホームページからプロのアドバイザーに質問出来たりとアフターサービスも充実しています。
上手に利用してごトレーニングに役立てくださいね。


次は、自宅で加圧トレーニングをする時の注意点に関してお話します。


自宅で加圧トレーニングをする時の注意点

※

※実際のトレーニングでは腕と脚に同時にベルトを巻くことはありません。

1.加圧専用ベルト以外のものを使用しない
加圧ベルト以外のもので血流を制限するのはとても大変危険です。絶対に他のもので代用しないでください。



2.加圧ベルトを巻く位置は腕の付け根と脚の付け根
スタジオで指導していると、よく「お腹を痩せたいのでお腹に巻きたい」とおっしゃる方がいらっしゃいますが巻いたところに効果があるわけではありません。

必ず腕の付け根と脚の付け根に巻きます。
また腕と脚、同時に巻いてはいけません。


3.加圧ベルトは素肌には巻かない
トップスは半袖か長袖、ボトムスも膝丈かロング丈程度のパンツなどを履き、素肌に直にベルトを巻かないようにしましょう。

またナイロン素材や表面のツルツルしたポリエステル素材の洋服は巻いた加圧ベルトがずれやすいので避けた方がよいでしょう。


4.加圧ベルトを締めすぎない
ベルトを強く巻けば高い効果が得られるわけではありません。勝手に圧を強くするのは大変危険です。
適正な圧で適正な運動をしてこそ効果が得られるのです。


 

自宅で加圧トレーニングをする時のポイント

筋力アップクンやカーツなどの圧を設定するタイプの器具は定期的にトレーナー及び、アドバイザーに適正圧を確認・再設定してもらうのが良いでしょう。


自宅でのトレーニングは自分の癖や好みのトレーニングに偏りがちです。適正圧と共にトレーニングのメニュー内容も見直し・相談してみるとよいでしょう。自分に合ったトレーニングメニューを続けることが安全かつ効果的にトレーニングをする一番のポイントです。


使ってみたい加圧トレーニングの器具はありましたか?
加圧トレーニングはとても効果の早いトレーニング方法ではありますが1回で劇的に変化が起きる、というわけにはいきません。自分に合った方法で無理なく続けてください。
 

スポンサーリンク