お風呂上りも綺麗を持続させるストレッチ!

お風呂にゆっくりつかっても、このところの寒さですぐに体が冷えてしまいます。せっかく体温を上げ、代謝も上げ、良質の睡眠でさらに綺麗になろうと思っていたのに、これでは効果も半減。

そこで、お風呂上がりのボディクリームを塗る、ちょっとした時間を利用して、ストレッチを加えたボディ磨きをご紹介します。今夜から、ぜひ!お試し下さい!
お風呂上りも綺麗を持続させるストレッチ!

「お風呂上りにオススメ!
冷え知らず、綺麗をキープするストレッチ」

お風呂上りを上手に使って、冷えない体を作りましょう!

お風呂上りを上手に使って、冷えない体を作りましょう!

寒い季節は湯船につかって、ホッと一息。温かいお風呂に入るだけで、PCで疲れた目や肩コリなどが解消され、明日への元気がチャージされます。

実際に体を温めることで、身体へのメリットもたくさんあり、痩せ効果だって期待できるのです。これは、前回ご紹介(記事:冬太り・冬のコリを徹底解消!お風呂でストレッチ!)したので、今回はその効果を持続させる「お風呂上りだから効果も倍増?! ストレッチ」をご紹介します。

今年は例年よりも気温が低く、せっかくお風呂で体を温めても、寝る頃には体が冷えちゃう。という、寒がり女子も多いかもしれません。そこで、お風呂上りにストレッチをして、冷えにくい体を作りましょう。

というのも、体が温まりリラックスした状態であれば、良質の睡眠が手に入り、ホルモンの分泌が促され、美肌や体型維持など様々な「美の種」を増やすことができますが、冷え切った体では、睡眠不足からイライラや疲労感といった「おブスの種」ばっかりが増えてしまします。これでは、お風呂のメリットが台無しになりかねません。

今回ご紹介するストレッチは、わざわざ時間をとるまでもなく、お風呂上りにボディークリームを塗る時間を有効利用します。これなら、体が冷える心配もなく、いつの間にか習慣になり、苦労することなく綺麗な体をキープできます。早速、今夜からストレッチを始めてみてはいかがですか?

次からストレッチのご紹介です。
 

スポンサーリンク


美脚をつくるストレッチ

このストレッチは、普段は伸びにくい、ひざ裏や太腿の裏を伸ばします。お風呂で温まり、筋肉も伸びやすい状態になっているので、気持ちよく伸ばせると思います。特に、ハイヒール愛用者は、ひざ裏が縮みやすいので、ゆっくりと伸ばしながら、足の疲れを取ってください。
また、お尻や太腿裏など大きな筋肉をほぐし、血液循環も促されるので、むくみ、冷え知らずの美脚効果が期待できます。

動作1

動作1

1. 洗面台でも、椅子でも足を乗せやすい場所に置きます。おへそは腰へ引き入れ、骨盤が立つように立ちます。さらに踵を前に押し出し、足裏を伸ばします。

 



 
動作2

動作2

2. 左足はなるべく伸ばしたまま、上体を前に倒しクリームをつけた指先で、足首からさすりあげるようにマッサージします。この時、背中が丸まらないように、左足の付け根を後ろに押し出し、右足の付け根を前に押し出すようにし、お尻を横一列に並べるイメージで、深くお尻から、足裏を伸ばしましょう。

 



動作3

動作3

3. そのまま、老廃物のたまりやすいひざ裏も丁寧にさすりあげ、足の付け根までマッサージします。マッサージ中は、左踵は押し出したままの状態をキープしましょう。反対側の足も同様にクリームをつけ、さすりあげるようにマッサージし、美脚になりましょう。


 

 
次は、上半身を綺麗にするストレッチです!


背中をスッキリさせるストレッチ

このストレッチは、背中も誰の手も借りずにクリームを塗れるように、肩周りを自然とほぐす動きです。また、このストレッチの動きは、肩甲骨周辺を大きく動かし、褐色脂肪細胞を刺激し、お風呂をあがった後でも脂肪を燃やすように働いてくれます。

さらに、この動きは、脇肉や背中肉を意識し、使うので、背中のシルエットがほっそりしてくると思います。背中美人を目指す人は、ぜひ習慣にしてみて下さい。


動作1

動作1

1. 両手の平にクリームを取り、右手の平で右の肩甲骨を上からゆっくりクリームを塗り、左手の平で肩甲骨を下からゆっくりクリームを塗ります。



 
動作2

動作2

2. 反対側も同様に。






 


二の腕をほっそりさせるストレッチ

このストレッチは、二の腕を絞りながら無駄なお肉を引き締める動きです。また、腕の付け根の凹んでるところ(腋下リンパ節)を刺激するので、肩こりにも効果大です。

また、老廃物を流し、リンパの流れをよくするので、デコルテ周辺が見た目にもスッキリし、綺麗な胸元になります。気になる人は腋下リンパ節をグッと押しながら、たまった老廃物を流しましょう。


動作1

動作1

1. 右手で左脇の下をつまみ、左手のひらを天井に向け、小指を後ろに押し出すイメージで肩を外側に回します。この時、腕の付け根から指先まで、ゆっくり絞るように動作しましょう。


 
動作2

動作2

2. 今度は、肩を内側に回します。この動作を左右5回づつを目安にトライしましょう。
 

 

いかがですか? たったこれだけの動きで、「冷え知らず」で「綺麗もキープ」できてしまいます。今夜から、ストレッチとお気に入りのボディクリームで、極上の美ボディに仕上げてください!
 

スポンサーリンク


ダイエット用品はコチラから

ブログランキング参加中♪いつも応援ありがとうございます。
  にほんブログ村 ダイエットブログ 女のダイエットへ