ヨガ教室・ヨガスタジオの選び方

楽しい!続く!運動が苦手なあなたでも続けられる、ヨガ教室&スタジオの正しく・賢い選び方。

ヨガスタジオ

(C) Laughing Lotus Yoga Center All Rights Reserved.
いまや美容と健康には欠かせない存在であるヨガ。これほどまでに多くの女性の支持を得ている背景には、体だけでなく、心(メンタル)の健康をもサポートしてくれるからにほかなりません。

一時期のブームが去り、多くの場所でヨガが行えるようになった現在は、あなたのライフスタイルに合った教室スタジオを選ぶことが大切。ヨガをライフスタイルに取り入れるには、教室・スタジオ探しから楽しみながらはじめてみてください。
 

スポンサーリンク


ヨガ教室選びの5つの方法

まずは教室・スタジオ選びの方法から。以下の5つの方法がオススメです。

1.新聞、雑誌、フリーペーパーなどの紙媒体で情報収集
紙媒体に掲載されている掲載記事は、何人もの人の手間と確認が行われているので、必要な情報がわかりやすく整理されています。どの媒体でもヨガの特集は比較的多く企画され、新しい情報が入手しやすいので、気になった教室スタジオのページは切り取って保管しておくといいでしょう。後にウェブでの検索が行いやすくなります。

2.ウェブ検索で情報収集
これは皆さんが一番よく使っている方法。現在はほとんどのヨガ教室・スタジオがホームページを持っているので、情報収集はいつでも手軽に行えます。最近は企業が運営するヨガのポータルサイトも増え、より細かい情報が入手できます。また、ポータルサイトではキャンペーンなどでクーポンを発券している教室スタジオも多数あるので要チェックです。

※ヨガ教室・スタジオポータルサイト
『ヨガルーム』(http://www.yogaroom.jp/) など


3.広告やポスティングチラシもチェック!
広告やポスティングを見逃している人は意外に多いもの。しかし、広告は各教室がキャンペーンや割引を実施する際に掲載することが多いので、お見逃しなく。またポスティングチラシは、新規オープンスタジオや自宅や会社近くのヨガ教室のチラシが投函されることが多いので、会社や自宅から通いやすいスタジオを探している時にはとても便利です。

4.ヨガ専門誌、ダイエット書籍なども活用
ヨガの専門誌や、ビューティダイエット関連雑誌には、全国のヨガ教室がインデックスや一覧表として掲載されていることが多く、何件ものヨガ教室・スタジオを効率よく探すことができます。一覧なので最小限の情報のみの掲載になるので、詳細はホームページを見てじっくり確認しましょう。

5.知人の情報やクチコミは信頼度抜群!
やはり、あなたの身近にいるヨガの先輩から情報収集するのは欠かせないですよね。思いがけないお得情報が聞けるかもしれません。


ヨガ教室選びの4つの基準

新聞や雑誌、ウェブを見ていると、とにかくたくさんのヨガ教室、スタジオ、ヨガの流派や種類があり、「体が硬い私にもできるの?」「教室・スタジオがいっぱいありすぎて、どこに行っていいのかわからない…。」という疑問が生じます。そんな時は以下の4つの基準を参考にしてみましょう。

1.ヨガで体を動かしたいのか?ヨガの哲学を学びたいのか?
4000年も前にさかのぼるヨガの長い歴史が、ヨガの経典といわれる「ヨガ・スートラ」の完成へ繋がりました。もともとは、哲学や瞑想を学び「自分」と「他のもの」との調和と融合を目指すための修行法であるヨガは、時代が変わっても常に多くの人の心を魅了しています。

現在は、そのヨガの教えの中から主に体を動かすヨガと、哲学を学ぶヨガに対して皆さん興味があるようです。教室・スタジオ選びの際は、あなたが体を動かしたいだけなのか、ゆくゆくはヨガの教えも一緒に学んでみたいのか、ということを一度ゆっくり考えてみるといいでしょう。

2.通えるか、通いやすいか
これからヨガをはじめる人は、通えるか、通いやすいかがとても重要です。ヨガは一度だけでは学びきれず、続けることが最も重要なので、「自宅や会社に近いこと」や「クラススケジュールが自分の生活習慣に合っている」ということに重きをおいて検討してみましょう。

3.フィーリングの合う講師やインストラクターを探す
心と体を癒し強くするヨガにおいて、講師との相性は大切。体だけでなく、メンタル面の成長という醍醐味を存分に味わうためにも、あなた自身の目と足で、あなたが好きになれる素敵な講師を探しましょう。その出会いは、あなたにとって生涯の財産と感謝につながります。

4.運動量のレベルを調べる
ヨガ初心者といっても、もともと運動が苦手な人や得意な人がいたり、過去に本格的に運動をしていたりしていなかったりと、バックグラウンドは人それぞれ。事前にウェブやパンフレットであなたに合った運動量やレベルをチェックし、不安であれば直接電話をしてクラスの様子を聞いてみましょう。 

おすすめの購入サイト

人気のダイエット用品をみる
≫楽天市場≪ ≫Amazon≪ 
 

スポンサーリンク