早めの冷え対策、秋冬へ上手にスイッチ!

最近夜が冷えてきましたね、早めの”冷え”対策していますか?夏仕様の体温を下げる体のままでは、生理痛や冷え、頭痛などのトラブルに。今月はヨガで冷え対策!

冷え対策ヨガ

ヨガで早めの体質チェンジ、今年の冬は内側から暖かに

体を中から温めるほうじ茶で、ホッと一息
日中はまだまだ暖かいですが、夜分は肌寒さを感じる日も多くなってきました。

また、体の中にたまった夏の疲れが、季節の変わり目ということもあり、風邪などの症状に悪化している方も多いようですね。皆さんも気をつけて!

本格的に寒くなる前に体をリセットしておかないと、秋から冬にかけて、さらに免疫力が低下しそう。そんな時こそおすすめなのが、『お家で5分ヨガ』。

季節の変わり目は、体が自らの力で変化しようとする時期でもあり、このタイミングで体幹を鍛えると、体質が変化しやすのです。ぜひこの時期を活用し、冷え性を改善して心地よい冬を過ごしましょう。
 

スポンサーリンク


体が硬くてもできるヨガで、腰まわりの血行を促す

ねじりのポーズは、腹部を刺激し腸の働きが活発になるので、腰まわりの冷え改善に効果大!ウエストラインもスッキリしますので、腹部のたるみが気になる人には一石二鳥のポーズです。腰や背中が丸くならないよう注意して行いましょう。



【ねじりのポーズ】
 
(1)背中の後ろに壁があるように背筋をまっすぐに伸ばして座ります。

腹筋を使って上半身をしっかりと引き上げましょう。

 
(2)右足を折り曲げ、お尻の左側へ引き寄せます。左脚は、右膝の外側へ置き、息を吸って準備


 
(3)息を吐きながら、上体を左へねじり、右腕は左膝にかける。頭を高く引き上げ、肩の力をは抜きましょう。

この姿勢で、ゆっくり5呼吸繰り返します。

(4)息を吸いながら上体を元の位置へ戻します。左も同様に行いましょう。全部で3分くらいです。

 
[完成形を上から見た図]

腰・背骨がゆるんで丸くならないよう、腹筋と背筋を引き寄せ、背中全体を引き上げます。

 

コブラのポーズで、肩と背中の血行を改善!

体が冷えると、肩や首周りがこりやすくなります。また、常に背中が緊張してしまうので、肩と背中をしっかり動かし、縮まった筋肉を伸ばしましょう。

コブラのポーズは強い筋力を必要とします。腰に痛みや異常を感じた場合は、すぐに中止してください。無理なくチャレンジしてくださいね。



【コブラのポーズ】
 
(1)両足を腰幅にしてうつ伏せになり、胸の横に手のひらを置きます。

息を吐ききって>準備。

 
(2)<息を吸いながら> 腹筋と背筋を使い胸を広げながら、ゆっくりと後ろに体を反らせます。肩甲骨は下へ引き下げ、肩で体重を支えないように注意。

そのままの姿勢で、深くゆっくりと5呼吸繰り返します。

 
(3)<息を吐きながら>、(1)の姿勢に戻ります。

*一連の動きを3回行いましょう。全部で2分くらいです。

毎日5分、できるかぎり、今のうちに冷え体質を解消しておきましょう!

おすすめの購入サイト

人気のダイエット用品をみる
≫楽天市場≪ ≫Amazon≪ 
 

スポンサーリンク