寝苦しい夜は安眠でリラックス&ビューティ!

連日の暑さ・・、寝苦しい夜は安眠ヨガでリラックス。寝つきが悪い、朝方には目が覚めてしまう、そんな貴女にオススメ!

寝苦しい夜は安眠でリラックス&ビューティ!

寝る前にちょこっとヨガして、心地よい眠りを…

暑くて寝苦しい毎日、快適に眠りたい…
毎日これだけ暑いと、夜中に何度も目が覚めてしまったり、寝つきが悪くなりませんか?

睡眠は大切な休息時間。ぐっすり眠れないと、疲れがたまり、疲労物質がきちんと排出されなくなります。

ところで、疲労物質の正体は”乳酸”と呼ばれる物質。あなたも一度は聞いたことありますよね?

運動不足で血流が悪くなると、この疲労物質は溜まる一方ですが、寝不足でも、休息が十分に取れなくなるので、疲労回復力が低下します。

今日は、疲労物質の排出を促すセルフケアで、快適に眠れるヨガポーズをご紹介!
 

スポンサーリンク


胸の筋肉を伸ばすと、疲れた上半身がラク~に!

寝不足や、運動不足で疲労物質がたまると、前かがみになって、背中が丸くなりがち。胸を開いて、気持ちよくストレッチを!
体内に溜まった疲労物質が排出され、だるさがスッキリします。

【ツルのポーズ】(ベッド編)
 




 
(1)骨盤をマットに対して垂直に保ち、肩の力を抜き座ります。背中の後ろで手を組みます。

 
(2)<息を吸いながら>、肩甲骨を中央に引き寄せ、両腕を後方へ引きます。

この姿勢d5呼吸し、<息を吐きながら>両腕を元の位置へ戻します。

≪NGポイント≫ 
 

ひじや腰が曲がったりしないよう注意して行います。

 

疲れた背中とだるい脚!伸ばして気分スッキリ

前屈のポーズで、全身の血流を促すと、気分がスッキリして、イライラが解消されます。腰に刺激を与えるので、首から肩のコリにも効果アリ!
終了後はリラックスのポーズでクールダウンzzz。



【片足前屈のポーズ】
 
(1)左膝を曲げ、右太ももの付け根に左足の裏をつける。

右脚は真っ直ぐ伸ばし、かかとを突き出して準備。

 
(2)おへそと背中を引き寄せ、両手で足指を持つ。<息を吸って>準備。

*足指に手が届かない場合は、両手をマットに下ろします。

 
(3)<息を吐きながら>おへそと背中を引き寄せ、上体を前に倒す。

太ももの後ろが伸びているのを感じながら、ゆっくりと5呼吸繰り返す。少しずつ骨盤を前に倒しましょう。


(4)左右入れ替えて、左足も同様に行います。

【クールダウンのポーズ】
 

終わった後は、ガス抜きのポーズでリラックス。

腰周りの緊張をほぐします。

長い残暑になりそうですが、心地よい眠りを味方にして、美しさを保ってね!寝具や照明などの、お部屋環境にも気を配るとよりGood!です。

おすすめの購入サイト

人気のダイエット用品をみる
≫楽天市場≪ ≫Amazon≪ 
 

スポンサーリンク